次世代のがん検診!今までとはココが違う!

次世代のがん検診についてですが、これまでと何が違ってくるのでしょうか。高感度、早期、手軽でゲノム解析技術を活用して、早期かつ高感度でリスクを判定する事が出来ます。
40代以上になり、そろそろがんが不安と感じている人やがん家系で家族をがんで亡くしている、PETやバリウムなどの検査は、体も時間も負担があり好きではない、手軽で高感度の検査があれば受けたいと感じている人にお勧めできます。
G-TACがん検査の特徴ですが、早期のリスク判定が可能となっていて、がんの細胞が大きくなる前に血中物質や遺伝子レベルの生体の反応を調べているので、より早期の判定が可能となっています。
更に手軽で、腫瘍マーカーと同様で血液検査だけで終了します。バリウムを飲んだり、被爆もゼロ、食事制限などもなく医師のカウンセリングを含めて30分程度で完了します。
高感度で一般的に使用されている腫瘍マーカーよりも、2倍以上の高いがんリスク発見率を持っています。そのために、将来のリスク判定も可能となっています。遺伝子は、生まれた時から親から受け継いでいるもので変わることはありません。
この遺伝子を知ることにより、ガンを含めた病気のなりやすさ、かかりやすさを知ることが出来ます。G-TACがん検査は、実に144の遺伝子を見ることで36のがんの遺伝子的ながんの発症リスクを判定する事が出来ます。
検査の流れですが、申し込みフォームから問い合わせを行います。その後、選択した内容に応じて、コンシェルジュから詳細情報についてのご案内と連絡があります。不明な点や要望などがある場合には、何でも質問する事が出来ます。検査の受検を希望される場合には、希望の施設や日時について申込を受けています。
検査代金のお支払です。検査の受検を希望する場合には、事前に検査代金の支払いを済ませる必要があり、支払い方法はコンシェルジュから連絡があります。
コンシェルジュにてご連絡した場合には、予約日や受検施設を訪問して受検します。検査結果は2週間から1か月後に再度受検施設をご訪問してお話を聞くようになっています。
実際にがんの事は心配という人も多いと思いますが、何よりも検査が怖いということで中々検査を受ける事ができないという人も多いのではないでしょうか。手軽に検査する事が出来れば、早めに病気を発見する事が出来るので、是非、早めに検査を申し込んでみましょう。
便利な時代となってきていますし、早期発見することにより、治療も早めに行う事が出来ます。今の時代は、がんになる確率なども高いと言われていますし、数人に1人は癌になってしまうと言われているので、早めに治療して健康的な老後を過ごせるように安心できる検査を受けるようにしましょう。
実際に、治療法についても年齢に応じてできる治療とできない治療が出てきますので、早めに発見して、様々な治療を受けることにより、自分に合った治療法を見つける事が出来ると思います。

About komattatokihakoko